MENU
SWELL
SWELL

\ 当サイトデザインはSWELLです🤗 /

SWELL公式サイトからオシャレなデザインを覗いてみる🤭

ConoHa
ブログ

\ ConoHaは初心者向けのレンタルサーバー🤗 /

1年契約だとすると年1万円あれば自分のサイトが作れて、そこから収入を得る仕組みを作れます😍✨

期間限定キャンペーンを今すぐにチェック🤭

【ブログ村】ランキング参加してます😊
【PR】15記事で月10万円を生み出せる再現性100%の『売れる記事導線』テンプレート付きガイドブック

482億円不正流出!コインチェックは大丈夫?過去の事件と今を調査

当ページのリンクには広告が含まれています。

\ 福岡の大手銀行運営で最新のネットバンク😊 /

\ 登録で最大13000円分貰えるチャンス!😊 /

482億円相当のビットコインが流出した事件ってコインチェックは関係ある?

これから始めようと思ったけど心配だな、、、

2024年5月31日に、DMM Bitcoinは約482億円相当のビットコイン(4502.9BTC)が流出したと発表しました!

DMMグループのDMM Bitcoin(東京都中央区)は5月31日、同社の約482億円相当のビットコイン(4502.9BTC)が流出したと発表した。同社は顧客の流出分について、グループ会社による支援のもと調達し、全額保証する方針を示している。

DMM Bitcoinの発表 同日の午後1時26分ごろに流出を検知したという。事態を受け、新規口座開設の審査や暗号資産の出庫処理といったサービスを一時停止した。原因など被害状況の詳細は調査中としている。

Yahooニュース

DMM Bitcoin

安全に管理されているはずのビットコインが、これほど大規模に不正流出してしまうと、

他の取引所や、ビットコイン自体に対する心配の声も大きくなりますよね。

そこで、初心者の方が多く利用している『コインチェック』について、

「取引所の安全性」や「ビットコインを安全に運用する対策」を紹介します!

まず大前提として、

「コインチェックではビットコインの不正流出はありません。」

東証プライム上場の大手企業であり、国内の取引所なので、安全性や信頼度は高いです。

コインチェックについて
コインチェック

コインチェック(Coincheck)は、2014年8月にサービスの提供が始まった仮想通貨(暗号資産)取引所です。

テレビCMで稲垣さんが出演されているのも見たことがあるかと思います!

2018年には金融大手・マネックスグループの傘下に入り、東証プライム上場の大手企業であることから、資金面やセキュリティ技術に対する信頼性も高いです。

ユーザー数(アプリダウンロード数)は2023時点で600万人超え、取引アプリのダウンロード数では国内取引所の中でNo.1

目次

ビットコインが不正流出したけどコインチェックは大丈夫?

今回不正流出したのは、DMM Bitcoinであり、コインチェックではないので、安心して下さい!

不正流出したDMM Bitcoinについては、金融庁が事態を重くみて、原因の究明を求める報告徴求命令をすでに出しています。

コインチェックでは、

過去に1度もビットコインの不正流出はしていません。

ビットコイン含む暗号資産が不正流出したのは、国内では過去6年間のうち、今回が2回目です。

しかし、その1回目が実は「コインチェック」からの不正流出だったのですが、

その詳細については次で解説していきます!

コインチェックは過去に不正流出していた?

コインチェックで不正流出があったの!?不安なんだけど、、、

コインチェックでは、

2018年に580億円相当の暗号資産の流出が発生しています。(コインチェック事件

不正流出したのはビットコインではなく、「NEM(ネム)」という仮想通貨です。

外部からのハッキング攻撃を受けたことによって、580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が盗難された事件で、

当時仮想通貨がまだまだ信用されていなかった事もあり、仮想通貨全体の価値が大暴落する程の大事件でした。

DMM Bitcoinとコインチェックの不正流出の違いは?

コインチェックDMM Bitcoin
流出した仮想通貨「NEM(ネム)」
「ビットコイン」
流出金額580億円相当482億円相当
流出時期2018年

☆当時まだ仮想通貨の信用は薄い
2024年5月

☆楽天やメルカリも参入するなど社会的信用も高まっている
社会的影響☆ビットコイン含む仮想通貨全体の信用度が下がった☆影響はまだ限定的(2024年5月時点)
原因と対策☆悪質なハッカー(北朝鮮)がコインチェックにサイバー攻撃を仕掛けた事が原因。逮捕者も出た。

【対策】
ネットワークの再構築、サーバの再設計・再構築、端末のセキュリティ強化、セキュリティ監視、暗号資産の管理方法の見直し
☆原因は調査中

【対策】
新規口座開設の審査や暗号資産の出庫処理、現物取引の買い注文の停止とい った一部のサービスで利用を制限。不正流出への対策は講じている。

コインチェックはビットコイン不正流出はしない?

コインチェックではビットコインの不正流出はおこらないの?

コインチェックでは、2018年の事件以降不正流出はいっさいおこっていません。

セキュリティを見直し、強化している事によって、かなり安全性は高まっているといえます。

また、過去の不正流出が起こった際には、

「顧客から預かった暗号資産」が『オンライン』に繋がった場所に置かれていた事が原因です。

本来『オンライン』に資産を置くことは大変危険な事で、不正にアクセスされないように『オフライン』に置くことが大前提のセキュリティ対策で、

コインチェックでは、預かった資産は『オフライン』に置かれている為安全です!

危険性については、コインチェックやビットコインに限らず、株やNISA、ドルや日本円もリスクは同じようにあります。

100%安全だとは必ずしも言えないので、よく考えながら(リスクを分散しながら)、投資や運用を行いましょう!

仮想通貨取引所に対する信頼性は今後どうなる?

ビットコインをよく知らない方は、今回の流出事件を受けたことで信頼性は低くなった様です。

一方で、

ビットコインについてしっかり勉強して知識がある方から見ると、

『ビットコイン』自体は安全で信頼できる通貨だと知っているので、

さほど焦っている方は見受けられません。

今回の流出事件の原因も、DMM Bitcoinの人的ミスが考えられます。

DMM Bitcoin側から「流出対策は実施した」と発表があった事からも、

未知の手段ではなく、原因に心当たりがあるのだと推測されます。

本来、国内取引所では万全のセキュリティで守られているので、

セキュリティやビットコイン補償について信頼できる情報を紹介します。

セキュリティについて

ビットコイン取引所のセキュリティはどうなってるの?

ビットコイン(暗号資産)のハッキング事件は取引所に要因があるものが多く、

ビットコイン自体は【ブロックチェーン】により、不特定多数の第三者によって厳しく監視されているので安全です。

ではコインチェックのセキュリティを確認していきましょう。

顧客資産分別管理の実施Coincheckでは改正資金決済法の規定に従って、顧客ユーザーからの預かり資産である法定通貨や暗号資産を自社の資産と分別して管理しています。
二段階認証の採用二段階認証を採用しているので、もしパスワードが盗まれたとしても、第三者からの不正アクセスを防ぐことができます。
コールドウォレットの採用コールドウォレットとはオフラインで暗号資産を保存することです。インターネットから遮断された状況で暗号資産を管理することは、安全性の面では非常に効果のある方法
マルチ・シグネチャの導入マルチ・シグネチャとは、暗号資産を送金する際に複数の鍵を必要とするアドレスのことをいいます。秘密鍵を別々に管理してれば、たとえパスワードが盗まれたり、ハッキングされたりしても盗難に遭う可能性を低めることができます。
SSL暗号化通信の導入SSL暗号化通信によってデータが暗号化されるため、データを盗み見られるのを防ぐことができます。

全額補償について

例えば、万が一証券会社が破たんした場合、顧客の資産(預け入れ証拠金)は全額返還されることが保証されています。

暗号資産取引所に関しても、

現在では多くの取引所で顧客資産の分別管理が行われており、暗号資産の健全な発展のために徐々に整備が進んでいます。

そしてDMM Bitcoinは今回の流出事件に対して、

『預かっているビットコインが流出していた場合には全額保証する』としています。

ビットコインの信頼性について

ビットコインは、先ほども紹介したように【ブロックチェーン】によって安全性は保たれています!

ビットコインという通貨自体は、変わらず信頼性は高いままです。

安全なのに流出?どういうことなの?

ビットコインは安全なのに盗まれてしまった仕組みは、『預けられている金庫の中から盗まれてしまった』からでした。

今後の仮想通貨取引所やビットコインはどうなる?

過去にコインチェックで流出事件があった時には、

約35%下落しましたが、

その後は持ち直すどころか、それ以上に価格は上昇し続けています。

現在大幅な下落は見られませんが、しばらく様子を見る必要がありそうですね。

この下落も、1ヶ月単位で見ればまだまだ大したことはありません。

じゃあ今はビットコインを始めるのは様子を見ようかな、、、

はるママ

実はそうとも言えません✨

大幅に下落した時は、『購入』のチャンスです!

安い時に購入し、高くなってから売却すれば、より多くの利益を出すことができます。

じゃあ、もっと下落してから始めようかな!

はるママ

それもあまり、おすすめしません!

ビットコインがどれだけ下落するのか、しないのか、誰にも予想がつかないため、

結局買い時を逃してしまう事が考えられます。

もし購入を考えているなら、【積立投資】でリスクを抑えながら始めるのがおすすめですよ!

ブログ

\ ConoHaは初心者向けのレンタルサーバー🤗 /

1年契約だとすると年1万円あれば自分のサイトが作れて、そこから収入を得る仕組みを作れます😍✨

期間限定キャンペーンを今すぐにチェック🤭

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

いいなと思ったらシェアお願いします🤗
  • URLをコピーしました!

コメントはこちらから

コメントする

CAPTCHA


目次